ジャッキーは海外ではなにげに長寿番組 » Uncategorized » 傑作でなくとも、それでも戦いに身を投じた期待とは

傑作でなくとも、それでも戦いに身を投じた期待とは

読了までの目安時間:約 3分

トニーノムスメ
父 トニービン 母 ピュアモルト(Malt) 母父 モストルーパー(Moss Trooper)

 

開始14年目に種牡馬のトニービン産駒がほとんどいなかった事でサンデーサイレンス、ノーザンテースト、リアルシャダイといった種牡馬に後れを取っていた事もあってこの配合を決断する。やはり魅力があったとすれば母であろう。あのホーリックスの母である事は魅力があった。当時のワールドレコード2400mを2分22秒2で勝った奇跡の血筋の一つである事が後押ししてくれた気がする。面白配合があり、ハイペリオンの4×5とプリシビティションの4×5がインブリードにあった。その為アウトブリードとニックスはなかった。なかなかトニービン産駒としてもおまかせ厩舎でありサンデーサイレンス。ノーザンテースト、リアルシャダイといった成長が持続しニックス、アウトブリードが成立しにくいこの種牡馬ではどうしても魅力に欠ける部分があった。ベスト体重約480Kg。栗東古窪厩舎(大久保正勝)所属。生涯成績10戦10勝。本賞金1億8100万円、総賞金3億6200万円。一応デビューからラストランまで全てに勝つ。おまかせ厩舎であった事もこの牝馬にとっては受け止め難い活躍できなかった悲しい現実だった。開始23年1月1週で、9歳(現8歳)で引退する。勝鞍は府中牝馬Sと新潟大賞典を連覇し、マーメイドS、オークストライアル、フラワーC、福寿草特別を勝つ。主戦ジョッキーは滝登(武豊)が多く乗ってくれた。9200万円で買い手がついたので売却する。

子供のころ、自作の歌を歌っていたことがあります。兄弟にはからかわれましたが、親や祖母は嬉しそうに聞いてくれました。
この間、幼稚園くらいの女の子が、歌いながら踊っているのをみました。どうやら自作の歌と踊りのようです。聞いたらちょっと恥ずかしそうに教えてくれました。
この子は家や幼稚園でいろんな音楽経験を積んできたんでしょうね。その経験が自作の歌と踊りになってあふれだしたんでしょう。お家や幼稚園で楽しく歌ったり踊ったりしたから、自分の歌と踊りを作りたいという気持ちになったんだと思います。自作の歌や踊りを披露するのは、周りの人を信頼しているあかしだとも思います。ほっこり和みました。

 

サインバルタは市販あるの?市販薬との併用の問題は?

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: